作成者別アーカイブ: pollux

【緊急事態宣言を受けての弊社対応について】

pollux整骨院 たまプラーザから大切なお客様、患者様へお知らせです。

平素より当院をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

政府の緊急事態宣言を受けての弊社対応は以下の通りとなります。

■地域医療を担う医療系国家資格保有者および厚生労働省・保健所認可施設として
自賠責保険(交通事故)・労働災害保険・健康保険適応の急性症状の方を受け入れます。
(4月7日に施設の利用制限の対象にならないことを保健所確認済み)

■必要最低限のスタッフ配置と、予約管理により同一空間の密集を避けます。

■夜間の外出自粛とスタッフの体調管理の為、時短営業とします。(規模縮小営業)

■院内・設備・手指消毒、換気、スタッフの検温、患者様の体調確認シートの実施を引き続き強化します。

【開院時間】
平日・土曜
11:00〜19:00迄

日曜・祝日
11:00〜18:00迄

※現在ご予約を承っている患者様へは順次お電話させて頂き対応のご説明を致します。
キャンセル・変更も承っておりますのでお気兼ねなくご連絡下さい。

※今後、国や行政の方針や状況により急遽休診など対応を変更させていただく場合がございます。
その際はHP、ブログ、Instagram、LINE@で発信致しますので予めご了承下さい。

また、来院できない方のためにストレス発散、免疫力向上の為のご自宅で出来るセルフケア動画などを
LINEのタイムラインとInstagramで配信予定です。

【Instagram】https://www.instagram.com/pollux.tamapla

 

今後も国や行政の方針に沿って、地域の皆様に寄り添う医療従事者として善処させて頂きます。

皆様と笑顔でお会いできるよう一刻も早く事態が収束することを心より願っております。
不安な日々が続いておりますがどうかご自愛の上お過ごし下さい。

株式会社ブライトスターズ
代表取締役 東篤志

pollux整骨院 たまプラーザ
一同

 

たまプラーザでマッサージ・整体 ならポルクス整骨院

横浜市青葉区美しが丘2-15-2 黒沼ビル1階
TEL:045-904-1225

【年中無休・駐車場有・全室個室・キッズスペースあり】

【HP】http://www.pollux-tamapla.com

【Facebook】  https://www.facebook.com/polluxtamapla/

【Instagram】https://www.instagram.com/pollux.tamapla

新型コロナウイルス感染対策実施中

こんにちは!ポルクス整骨院です☆

 

コロナウイルスの感染が拡大している中、ご利用いただいている患者様の為にも

衛生面の管理をより一層強化し、感染予防に努めてまいります。

また、国や都道府県の方針に従い閉院する場合がございますが

その際はご理解のほど宜しくお願い致します。

image0 (1)

 

 

 

たまプラーザでマッサージ・整体 ならポルクス整骨院

横浜市青葉区美しが丘2-15-2 黒沼ビル1階
TEL:045-904-1225

【年中無休・駐車場有・全室個室・キッズスペースあり】

【HP】http://www.pollux-tamapla.com

【Facebook】  https://www.facebook.com/polluxtamapla/

【Instagram】https://www.instagram.com/pollux.tamapla

整形外科と整骨院の違い

こんにちは!ポルクス整骨院です★

 

突然ですが、皆さんは整形外科と整骨院の違いを説明できますか?

身体の痛みを取るという点で、どちらも同じようなものとお考えの方もいますが

これら2つは様々な点で大きく異なります。

本日はそんな、整形外科と整骨院の違いについてお話していこうと思います!

 

1.患者さんを診るのは?

整形外科では「医師」が、整骨院では「柔道整復師」が患者さんを診て身体の状態を確認します。

目で見て、触って、動かして、というのはどちらも共通ですが、

医師はこれに加えてレントゲンなどの画像診断を用いることが可能です。

 

2.治療内容は?

外傷の整復(柔道整復師は応急手当のみ)、固定などはどちらも行うことが出来ます。

 

医師は投薬(注射、点滴など)、手術薬の処方などを行います。

整形外科ではリハビリ室が備わっていることが多く、理学療法士作業療法士などの

また別の国家資格を持ったスタッフがリハビリを担当します。

柔道整復師が整形外科のリハビリ室で働いているケースもあります!

ちなみに私も以前整形外科で勤めていました^^

私の勝手な考えですが、どこの整形さんも医師がリハビリ室に来て

運動指導をすることはほとんどないと思います。

診察に追われていて、それどころではないからです。

ただ、リハビリのメニューなどは医師から指示が来ますので、

医師は診察が終わった以降、患者さんに全く関与しないということはありません!

 

柔道整復師は投薬や手術、薬の販売(湿布は可)などが出来ないので、

手技療法や電気治療などをメインに治療します。

また、整骨院では受付からご案内、お会計なども施術者が行うことが多いです!

もちろん院によって異なりますが、サービス業的要素が整形外科より強いかもしれませんね。

 

3.保険は使える?

どちらも使えますが、整骨院での保険適用には制限があります。

整骨院での保険適用については以前のブログの題材にしましたので

下記のURLから是非ご参照ください!

http://pollux-tamapla.com/blog/2020/03/25/整骨院での保険適用について/

 

 

これまで述べた両者の違いについて下記の表にしましたので、ご参照ください!

無題

診断権について

患者さんの身体の状態を診て、傷病名を付ける権利。

柔道整復師はこれが認められていないため、「○○骨折です。」などのように

傷病名を確定することができない。(「○○の疑いがあります。」なら可能)

 

また、治療内容を記した「施術証明書」は発行できるが、

病名が記された「診断書」は発行できない。

 

簡単ではありますが、整形外科と整骨院の違いについてお話させて頂きました!

互いに異なる機関とはいえ、世の中には整形外科付属の整骨院があったり

整形外科と整骨院同士が提携していたりと、関係性は様々です。

当院も整形外科さんと提携していますので

整骨院か整形、どちらにいくべきか迷われている方がいましたら

ぜひとも我々スタッフ一同にご相談下さい!!

 

たまプラーザでマッサージ・整体 ならポルクス整骨院

横浜市青葉区美しが丘2-15-2 黒沼ビル1階
TEL:045-904-1225

【年中無休・駐車場有・全室個室・キッズスペースあり】

【HP】http://www.pollux-tamapla.com

【Facebook】  https://www.facebook.com/polluxtamapla/

【Instagram】https://www.instagram.com/pollux.tamapla

営業時間変更のお知らせ

平素よりポルクス整骨院たまプラーザをご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度の新型コロナウィルス感染症拡大防止に向け、下記の通り営業時間を短縮させて頂きます。

 

期間:4/3(金)~当面の間
営業時間
月~土:11:00~20:00
日・祝:11:00~18:00

 

皆様には大変ご不便をおかけしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

なお、現在営業時間外で既にご予約頂いている患者様に関しましては
そのままのご予約時間でご案内いたしますのでご安心ください。

またポルクス整骨院では、ご来院して頂いた患者様が安心して施術を受けて頂けるように
以下の取り組みを実施しております。

 

1.毎朝施術者の体温を測定
2.十分な換気・加湿
3.共有スペース、施術後のベッド・まくら、施術器具などの消毒の徹底
4.スタッフの手指消毒の徹底

 

ご利用して頂く患者様にも、ご来店とお帰りの際に手指消毒をお願いしています。
ご理解とご協力をお願い致します。

 

たまプラーザでマッサージ・整体 ならポルクス整骨院

横浜市青葉区美しが丘2-15-2 黒沼ビル1階
TEL:045-904-1225

【年中無休・駐車場有・全室個室・キッズスペースあり】

【HP】http://www.pollux-tamapla.com

【Facebook】  https://www.facebook.com/polluxtamapla/

【Instagram】https://www.instagram.com/pollux.tamapla

整骨院での保険適用について

こんにちは!ポルクス整骨院です☆

今回は整骨院での保険適用についてお話させて頂きます。

 

整骨院で治療を受ける際、どんな症状でも保険が使えるわけではないのはご存知ですか?

保険適用の条件は法律で以下のように定められており、当院も例外ではありません。

◎業務上及び通勤災害以外で発生した、急性かつ外傷性のもの

・捻挫、打撲、挫傷(肉離れなど)

・骨折、不全骨折、脱臼(固定などの応急手当を除き医師の同意が必要)

平たく言えば、ぶつけたり捻ったり何かしらの大きな力が加わって起こる怪我です。

例を挙げるなら、ぎっくり腰や足首の捻挫などが保険適用になります。

つまりこれら以外の症状には保険が使えないということですね。

 

例えば、下記の症状には保険が適用されません。

・日常生活での単なる疲労による肩こり、腰痛などの症状

・スポーツなどによる筋疲労

・症状改善がみられない長期にわたる施術

・脳疾患の後遺症による慢性病

・神経性の筋肉の痛み(リウマチ、関節炎など)

・数年前に治った箇所が自然に痛み出したもの

これらは急性とは逆の「慢性」の症状と判断され、保険は適用外です。

当院含め整骨院などで治療を受ける場合は自費治療となります。

また、整形外科などの病院と並行して治療を受けている場合や

仕事中の怪我で労災保険が適応される場合も、保険適用外になります。

 

整骨院での保険適用について、いかがですか?

保険が適用されるかどうかは、我々スタッフがしっかりお身体を観察して

適切に判断いたしますので、安心してお任せください!!

世の中には「整体院」という似たような名前の治療院がありますが

整骨院とは異なり、民間の資格を取得した方が開業しています。

つまり、保険を使った施術は出来ません。

対して当院は国家資格を持つスタッフが運営する「整骨院」であるため

一部、保険を使った施術をすることが認められています。

これは決して整体院を悪く言っているわけではないので

それだけはご理解いただけると幸いです!!

どちらを選ぶかは当然ながら患者様次第です。

その中で我々が選ばれるよう、努力していくのみです!

 

話がそれてしまいましたが、整骨院での保険適用のこと

なるほどね!と思ってくれる方が少しでもいてくれたら嬉しいです(^^♪

もちろんこれがすべてではないので、わからないことや質問があれば

スタッフになんなりとお申しつけくださいませ!

 

 

たまプラーザでマッサージ・整体 ならポルクス整骨院

横浜市青葉区美しが丘2-15-2 黒沼ビル1階
TEL:045-904-1225

【年中無休・駐車場有・全室個室・キッズスペースあり】

【HP】http://www.pollux-tamapla.com

【Facebook】  https://www.facebook.com/polluxtamapla/

【Instagram】https://www.instagram.com/pollux.tamapla

季節の変わり目

季節の変わり目に大きな気温の変化があったり、朝と夜とで気温差が激しかったりすると体は寒暖差を感じて疲労を溜め込んでしまいます。

人間の体には暑いと汗をかくように、外気温の高さに応じて体温調節を行う機能が備わっています。この体温調節の役割を担う神経が「自律神経」です。この自律神経が正常に機能するためには、一定以上のエネルギーが必要になります。気温差が大きいほどこのエネルギー消費も激しくなり気温差が激しい状態が続くと体も疲れてしまいます。

自律神経が乱れると
●疲労感
体が疲れやすい、朝起きることができない
●頭痛
頭がずきずきする、頭が重い
●睡眠異常
不眠、日中の眠気
●吐き気・胃腸の異常
吐き気、腹部膨満、便秘、下痢、腹にガスが溜まる
●筋肉の凝り・関節の痛み

様々な症状が現れます。
当院は自律神経の乱れに対する施術もおこなっております。
このような症状でお悩みの方はご相談下さい!

 

たまプラーザでマッサージ・整体 ならポルクス整骨院

横浜市青葉区美しが丘2-15-2 黒沼ビル1階
TEL:045-904-1225

【年中無休・駐車場有・全室個室・キッズスペースあり】

【HP】http://www.pollux-tamapla.com

【Facebook】  https://www.facebook.com/polluxtamapla/

【Instagram】https://www.instagram.com/pollux.tamapla

揉み返しと好転反応

こんにちは!ポルクス整骨院です☆

本日はマッサージを受けた後に起こる「揉み返しと好転反応」についてお話したいと思います!

 

マッサージや整体などの施術を受けた後、全身がだるくなる・火照る、眠気が出てくるなど

風邪のような症状が出てしまった経験はありませんか?

このような症状は、施術を受けたことによる「揉み返し」という風に

悪いものと捉えられがちですが、実は少し違います。

 

これは「好転反応(瞑眩)」といって、むしろ効果が出ていると考えられます。

施術により身体のバランスが整い、全身の血流が促進され、体内の老廃物が流れていきます。

この反動で身体のだるさや眠気が出てくると言われています。

風邪をひいたとき、熱が出て、全身がだるいのと似ていますよね。

いずれも、身体の調子を良くしようとしているから出る反応で

決して悪いものではないということです!

 

だからといって、そのような症状がずっと続くのは嫌ですよね(笑)

そこで我々スタッフがよく患者様にお願しているのが、「水分補給」です!

もちろん普段からされているとは思いますが、それ以上に水分は取っていただきたいです。

水をたくさん飲むことでさらに血流が良くなり、尿量も増えますので

老廃物が出ていきやすくなります!!

風邪のような症状は血液中を流れる老廃物が原因と言われているので

体外に出してしまえば症状は治まってくる、ということですね。

ぜひ、水分補給はいつも以上に意識して行っていただきたいです。

 

続いて「揉み返し」についてです。

揉み返しは、力まかせのマッサージなど乱暴な施術により筋肉の繊維が傷ついて

筋肉に痛みなどの症状が出るものをいいます。

つまり、揉み返しは「筋肉痛」と言うこともできます。

対策としては、筋肉に炎症が起きてしまっているので、痛い部分をアイシングしましょう。

アイシングをする際は、凍傷を避けるため、タオルを一枚巻くなどして

肌に直接冷たいものが当たらないようにしてくださいね。

 

揉み返しと好転反応について、いかがでしたか?

自覚のある症状がどちらなのか、ご自身で判断がつきにくい場合もあると思います。

そんな時は我々スタッフ一同を頼りにしていただきたいです!

当院の施術は力任せに行ったりするものではありませんが

万が一施術後に揉み返しなどが起こった場合にはしっかり誠意ある対応させて頂きますので

何なりとお申しつけください(^^ゞ

 

 

たまプラーザでマッサージ・整体 ならポルクス整骨院

横浜市青葉区美しが丘2-15-2 黒沼ビル1階
TEL:045-904-1225

【年中無休・駐車場有・全室個室・キッズスペースあり】

【HP】http://www.pollux-tamapla.com

【Facebook】  https://www.facebook.com/polluxtamapla/

【Instagram】https://www.instagram.com/pollux.tamapla

捻挫ってなに?その③

こんにちは!ポルクス整骨院です☆

本日は捻挫に対する処置やリハビリについてお話します!

 

捻挫をしてしまった直後の応急処置として、「RICE処置」いうものがあります。

ご存知の方も多いかもしれませんが、まずはこれについて説明していきます。

RICE処置はライスということでお米が由来!ではなく・・・(笑)

下記の4つの処置方法の頭文字を取ったものなんですね。

R:Rest(安静・休息)

I:Ice(冷却)

C:Compression(圧迫)

E:Elevation(挙上)

捻挫をしてしまったな、と思ったらまずは運動を中止し、安静にしましょう。(Rest)

次に痛めた場所を氷水や保冷材などで冷やします。(Ice)

患部を冷やしつつ、包帯やテーピングなどで圧迫します。(Compression)

患部を心臓より高い位置にすることを挙上(Elevation)といいます。

例えば足首の捻挫の時、椅子に座って足を下げていると、重力によって血流が滞り

腫れがさらに増してしまいます。幹部はなるべく高い位置にして安静にするのがポイントです。

これが急性期(やった直後)の捻挫に対する一般的な応急処置です。

最近では安静にせず動かした方が良いという考えもありますが、あくまで一般的な処置として

RICE処置を紹介させて頂きました。

 

次にリハビリについてです。

今回はリハビリの意味を「怪我により低下した身体機能の回復」とします。

 

安静にしていた期間が長ければ長いほど、筋力や柔軟性が落ちますし

患部をかばいながら動くことによって染みついた動きの癖などが出てきます。

 

例えば、右腕を骨折して1か月間肘を90度にしてギプス固定したとします。

1ヶ月後、ギプスを外して左右の腕を比べると、明らかに右腕が細くなっています。

さらに、固定されていた肘は柔軟性を失い、曲げ伸ばしが困難になります。

 

このように低下した機能を回復させるのがリハビリということですね。

また、患部を無意識にかばうことによって、別の場所を痛めたりもします。

膝が痛くてかばっていたら、腰が痛くなった・・・こんな経験はありませんか?

こういった怪我の連鎖を断ち切ることもリハビリをする上で重要な要素です。

 

リハビリのメニューは怪我をした部位や損傷具合により様々です。

何から始めるべきか、自分で判断するのはかなり難しいと思います。

当院ではトレーニングスペースを併設しているので、外傷の処置からその後のリハビリまで

しっかり診させて頂くことが出来ます!!

国家資格保有者による身体の評価や施術と、経験豊富なトレーナーによる

リハビリトレーニングを組み合わせて行っていけば

ケガの再発も決して怖くはありません!

ケガでお悩みの方は、ぜひポルクス整骨院をご利用下さいね( *´艸`)

 

最後は宣伝の様になってしまいましたが(笑)

これにて捻挫に関するお話はおしまいです!

最後までご覧いただきありがとうございました(人”▽`)

 

たまプラーザでマッサージ・整体 ならポルクス整骨院

横浜市青葉区美しが丘2-15-2 黒沼ビル1階
TEL:045-904-1225

【年中無休・駐車場有・全室個室・キッズスペースあり】

【HP】http://www.pollux-tamapla.com

【Facebook】  https://www.facebook.com/polluxtamapla/

【Instagram】https://www.instagram.com/pollux.tamapla

捻挫ってなに?その②

こんにちは!ポルクス整骨院です☆

 

引き続き「捻挫」をテーマにやっていこうと思います!

捻挫と言われると、骨折や脱臼に比べて軽いイメージを持たれがちですが

それは大間違いという話までしました。

例えば、「膝の前十字靭帯損傷」という怪我を聞いたことはありますでしょうか?

とても重傷なように感じますよね。実はこれも「膝関節の捻挫」という風に表現できます。

 

捻挫は軟部組織の損傷程度によってⅠ度、Ⅱ度、Ⅲ度と分類されます。

 

Ⅰ度の場合は全治数日~2週間と言われています。いわゆる軽い捻挫ですね。

本人の意思にもよりますが、翌日に大事な試合を控えているアスリートなどに対して

テーピングを施して強行出場というのが不可能ではないレベルです。

 

Ⅱ度の場合は全治2週間~1か月と言われています。こうなってくるとすぐには動けません。

安静にする期間が長くなるため、筋力低下などが起こりやすいです。

つまりⅡ度以上の捻挫はリハビリが重要になります。

 

Ⅲ度の場合は全治1か月~3カ月になります。ここまでくるとかなり重傷ですね。

中には靭帯が完全に切れてしまうケースもあります。その場合は手術が必要です。

靭帯が切れれば関節の支えが無くなりますので、脱臼を併発する可能性も出てきます。

 

みなさまいかがでしょうか?捻挫は軽いものから重傷なものまで様々なのです!

捻挫なんて放っておけば治る・・・そうお考えの方も多いかと思います。

たしかにしばらくすれば痛みは引きます。しかし、怪我する前に比べて強度が落ちた状態で

靭帯などの軟部組織が癒合し、結果的に関節が不安定になります。

つまり同じような捻挫が繰り返されやすくなります。

これがよく言われる「捻挫は癖になる!というやつですね。

正しい処置とその後のリハビリをしっかり行えば、再発率はかなり下がります。

しかしこれらを一人で行うというのは、なかなか難しいことです。

そんな時は我々ポルクス整骨院スタッフ一同にご相談下さい!!

 

次回は捻挫に対する処置やリハビリについてお話したいと思います!

最後までご覧いただきありがとうございました^^

 

たまプラーザでマッサージ・整体 ならポルクス整骨院

横浜市青葉区美しが丘2-15-2 黒沼ビル1階
TEL:045-904-1225

【年中無休・駐車場有・全室個室・キッズスペースあり】

【HP】http://www.pollux-tamapla.com

【Facebook】  https://www.facebook.com/polluxtamapla/

【Instagram】https://www.instagram.com/pollux.tamapla

捻挫ってなに?その①

こんにちは!ポルクス整骨院です☆

突然ですが、みなさんは捻挫をしたことがありますか?

捻挫というワードはよく耳にするかもしれませんが

そもそも捻挫ってなんなのか、人に説明するとなると難しいですよね。

今日はそんな「捻挫」についてお話しようと思います!

 

捻挫と言われると、足を捻った(または挫いた)場面を想像する方が多いでしょう。

たしかに捻挫は足首(足関節)に多くみられますが、捻挫はどの関節でも起こります!

つまり、「捻挫は関節で起こる」ということですね。

関節は靭帯や関節包(関節を包む袋)などの「軟部組織」により支えられています。

足を捻るなど、関節が無理な動きをすると、軟部組織に負荷がかかります。

負荷が大きいとそれに耐えられずに軟部組織が損傷します。これがいわゆる「捻挫」ですね。

ちなみに捻挫が起こりやすい関節は足をはじめ膝、肘、手首、首、腰などです。

突き指やぎっくり腰も捻挫なんです!!

 

「足の捻挫」と聞くとたいしたことなさそうに聞こえますが

「足関節靭帯損傷」と聞くと重傷な感じがしませんか?

表現の仕方が違うだけで、実はこれらは同じことです(笑)

どうしても捻挫は軽く見られがちですが、それは大間違いなのです。

次回はこの続きになりますので、またご覧になってください^^

 

 

たまプラーザでマッサージ・整体 ならポルクス整骨院

横浜市青葉区美しが丘2-15-2 黒沼ビル1階
TEL:045-904-1225

【年中無休・駐車場有・全室個室・キッズスペースあり】

【HP】http://www.pollux-tamapla.com

【Facebook】  https://www.facebook.com/polluxtamapla/

【Instagram】https://www.instagram.com/pollux.tamapla