腸は第二の脳!?腸っていったい何なんだ!

こんにちは!ポルクス整骨院です☆

セミの鳴き声が聞こえ始め、夏らしくなってきましたね!

みなさまいかがお過ごしですか??

 

突然ですが、「腸は第二の脳」という言葉を聞いたことがありますか?

最近ではテレビや雑誌などで「腸活」「腸を整える」といったフレーズをよく目にしますね(*’▽’)

今回はそんな「腸」をテーマにお話していこうと思います!

 

〇腸の働き

腸の働きについて、消化や排泄などはイメージが付きやすいと思います。

しかし、他にもたくさんの働きがあります!

 

腸の働き

・浄血=善玉菌が腸内に溜まった便の腐敗を防ぎ、血液をキレイにする。

・解毒=腸内細菌が、腸内に発生した化学物質(有害)を解毒する。

・吸収=糖やアミノ酸といった栄養を吸収する。

・免疫=腸内細菌と協力して、ウイルスから身体を守る。

・合成=3000種類近くの酵素を作る。

 

腸がいかに働いてくれているか、おわかりいただけたでしょうか?

とんでもない仕事量ですよね(笑)

これだけの役割を担う腸が、何かの原因でうまく機能しなくなったら

なんとなく、身体の調子が悪くなりそうですよね・・・( ;∀;)

だからこそ、腸を整えるということが注目されているのかもしれませんね!!

 

〇腸が「第二の脳」と言われるワケ

では次に、腸がなぜ「第二の脳」という異名を持つのか、5つの根拠を挙げていきます!

 

➀脳にはできない判断を腸はできる

みなさま、まずは下の画像をご覧ください。

カレー

カレーです!美味しそうですね!!

こんなおいしそうなカレーに、食中毒を起こす菌がいると仮定しましょう。

見た目からでは食中毒菌がいるとは思えませんよね!

つまり、脳では判断がつかないということです。

対して、食中毒菌を体内に入れてしまえば、下痢や嘔吐を催します。

これは腸が、体に害のあるものと判断して、下痢や嘔吐によって

体外に排出しようとするのです。

脳では判断しきれなかったものを、腸が判断する。。。腸さん恐るべし!!

 

②約一億個の神経細胞が存在する

人間の腸内には、約一億個の神経細胞が存在すると言われていて、これは脳に次ぐ数です!!

腸内の神経ネットワークは、思考や情動に影響を与える情報が多いとも言われているそうです!

 

③脳の指示を受けず、独自で動く

人間の身体のほとんどは、脳からの指令で動きます。

しかし、腸は脳の指示をほとんど受けずに動いています!

さきほど②で述べたように、腸内には約一億個の神経細胞がありますが

この中で脳とつながりがあるのは、たったの2000個だそうです(◎_◎;)

つまり、例え脳死状態になったとしても、腸だけは機能し続けることが出来ます。

 

④幸せの感情を作りだす

腸はセロトニンやドーパミンといった物質を生成する機能を持ちます!

これらの物質は「幸せホルモン」とも言われます。

つまり、腸内が健康であれば、幸せホルモンがたくさん作られて

明るくポジティブな性格になれる可能性があります!

セロトニン

 

⑤欲求に従わず、身体を一番に考えて動く

だめだと分かっていても、食べ過ぎや飲み過ぎをしてしまう・・・

脳は欲求に素直なのがよくわかりますね。

対して腸は、身体のことを一番に考えて動きます!

➀で述べたように、どんなにおいしそうなカレーさえも

身体に悪いと判断すれば、外へ出そうとします。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!いかがでしたか?

欲求のままに行動していると、やがて腸はボロボロになり

下痢や便秘だけでなく、大きな病気を患うことさえ考えられます。

腸の調子を超良くしていくことこそが

健康に生きるための秘訣といっても過言ではありません!

 

当整骨院では、腸活をサポートする食品を扱っておりますので

興味のある方はぜひ、スタッフにお声掛けください\(^o^)/

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

 

 

たまプラーザでマッサージ・整体 ならポルクス整骨院

横浜市青葉区美しが丘2-15-2 黒沼ビル1階
TEL:045-904-1225

【年中無休・駐車場有・全室個室・キッズスペースあり】

【HP】http://www.pollux-tamapla.com

【Facebook】  https://www.facebook.com/polluxtamapla/

【Instagram】https://www.instagram.com/pollux.tamapla